お金借りたいあなたの必見記事!

お金借りたい!

 

生活費や家賃、携帯代など、どうしても必要なお金がないという時、急ぎでお金を工面する必要がありますよね。

 

これ以上働くのはムリだし家の中に売るモノも無いという時、Yahoo!知恵袋や2chなどの書き込みを参考にしてこの状況を乗り切る方法を探す人もいるでしょう。

 

同じような状況にある人の言葉は説得力と真実味があるため、とても参考になりますよね。

 

このページでもお金がない時に役立つ情報を掲載しているので、第二の知恵袋としてご活用ください。

 

どうしてもお金がない状態が続くなら借りることを考えて

お金がない時どうする?

  • バイトやパートで稼ぐ
  • モノを売る
  • ネットでお小遣いを稼ぐ
  • パチンコで稼ぐ
  • 株やFXでお金を増やす

など、一時的であっても手持ちのお金を増やす方法はいろいろありますよね。

 

それでもなかなか上手くお金を増やすことができない、そればかりか余計にお金がなくなったということもあるでしょう。

 

いろいろやったけど結局まだお金がない状況が続くなら、今すぐ借りることを考えた方がイイと思いますよ。

 

安心・安全に今すぐ即日でお金借りたいなら親・友達・消費者金融

お金がない状況が続くと精神的にツライ状況にもなってきますよね。

 

そんな時に頼れるのは、

  • 親・兄弟・姉妹
  • 友達
  • 消費者金融

などがありますが、まず初めに今すぐお金借りたいなら親や兄弟・姉妹がいいでしょう。それならば18歳の高校生や働いてない大学生であっても、今すぐお金を借りることができますよね。

 

親に借金するのは気が引ける、あるいはお金の使い方を注意されるからイヤという場合は、友達からお金を借りるという方法もあるでしょう。

 

それでも友達から借金したくない、または借金の申込みを断られたという場合、友人関係を悪くしないためにも他の方法を考えた方が良いかも知れませんね。

 

そんな時にはプロミスやアコム、アイフルなどのテレビCMでも有名で口コミの評判の良い大手消費者金融の利用がおすすめなんです。

 

その理由は柔軟で迅速な審査によって最短30分で審査結果が分かること、申込みから借入れまで最短1時間で完了する場合もあることで、本当にお金がない時に頼れるキャッシングサービスと言えるからです。

 

安心して消費者金融で審査を受けるには?

消費者金融で借入れの申込み、何か大変そうと思う人もいるかも知れませんね。

 

それでも今はインターネットで申込みができるようになっているので、24時間365日パソコンはもちろんスマートフォンからも申込みできるんです。それなら今すぐに申込みできますよね。

 

インターネットで申込みする場合、申込みフォームに必要な項目を入力していきますが、その情報を元に審査を受けることになるので、安心して審査を受けるには嘘や入力ミスのないように正確な情報を申告することが大事になるんです。

 

申込みの入力が完了すると審査が始まるので、その結果をしばらくの間待つことになります。

 

消費者金融の審査に必要な知識とは?

消費者金融で今すぐお金借りたいけど審査に通るか不安、何か用意するべき書類はあるの?という場合は以下を参考にしてみてください。

 

消費者金融の審査でチェックされることは主に、

  • 年収
  • 勤務年数
  • 雇用形態
  • 住居について(持ち家か賃貸か・住居年数など)
  • 他社からの借入れ(件数・金額)

などがあります。

 

この場合、年収の金額が少なくても毎月安定した収入があれば審査に通る可能性はあるので、正確な金額を入力するようにしましょう。

 

他社からの借入れについても、正確な情報を入力する必要があります。審査では申込みの消費者金融が個人信用情報センターに信用情報の照会をしているので、嘘の情報を入力してもすぐにバレることになり、そればかりか信用を失うことになるので要注意です。

 

必要書類は申込みの時点で用意しておく

消費者金融の審査に通った場合、必要となる書類の提出が必須となってくるので、申込みの時点から書類を用意しておくことで、即日融資でお金借りたい場合もスムーズにいきます。

 

必要な書類については、

  • 本人確認書類
  • 収入証明書類

の2種類となります。

 

ただし収入証明書類が必要になるのは、基本的には申込みの金額が50万円を超える場合、他の金融機関の借入れと合算して100万円を超える場合となるため、それ以下の場合には本人確認書類のみでOKですよ。

 

本人確認書類については、

  • 運転免許証
  • パスポート(写真・住所欄の提示が必要)
  • 健康保険証

のいずれかになりますが、基本的には運転免許証があれば便利でしょう。

 

また収入証明書類については、

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書(2か月など・申込みのサービスにより異なる)
  • 確定申告書(個人事業主・自営の場合)

となります。

 

銀行で今日中に即日融資でお金借りたい!

どうしても今すぐお金借りたいなら、即日融資で今日中に審査・借入れが可能な金融機関に申込みする必要があるんです。

 

銀行カードローンの金利は金融機関のキャッシング商品の中でも低めになっているので、少しでも低金利のカードローンでお金借りたいと思う人は多いハズですよね。

 

それでもどうしても今日中に即日融資を受けたいという場合、

  • 三菱東京UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • 新生銀行カードローン レイク

などがおすすめですが、銀行の審査基準は消費者金融よりも厳しく、申込みで入力する項目が多いため手続きに時間が掛かるというデメリットもあるんです。

 

また上記の三菱東京UFJ銀行で即日でお金借りたいなら、振込みで借りる場合には同行の普通預金口座が必要となります。

 

またテレビ窓口で即日カードを発行することが可能ですが、運転免許証の提示が必須となり、保有が無い場合には即日で借りることは不可となります。

 

みずほ銀行で即日融資でお金借りたいならば、同行の普通預金口座やキャッシュカードが必要です。口座の保有が無い場合、カードの到着まで数日の時間が掛かるため、即日融資の条件に当て嵌まらない場合、他のサービスの利用が必要でしょう。

 

新生銀行カードローン レイクも即日でお金借りたい場合に便利ですが、銀行カードローンのメリットである金利については4.5%〜18.0%と大手消費者金融と同じになっているので、金利の低さを重視する場合、レイクで借りるメリットはないと言えます。

 

今すぐお金借りたいなら迷わず消費者金融を選択しましょう

どうしても今日中にお金借りたい、借りれないと明日から困るという場合、迷わず初めから消費者金融を選択するのがおすすめです。

 

たとえば、

  • プロミス
  • アコム
  • アイフル
  • モビット

などが安心・安全にお金を借りれるところとなっています。

 

ただし、即日融資でお金借りたいなら時間との勝負と言えます。通常は平日の午後2時まで契約完了していることが即日振込みによるキャッシングのタイムリミットとなっているんです。そのため、来店なしでお金借りたいならば、スピード重視で消費者金融から借りるのが基本と言えるでしょう。

 

 

お金借りたい時に必要な書類は?

お金借りたい

契約段階になると、本人確認書類が必要になります。
本人確認書類は、運転免許証や健康保険証、パスポートなどの身分証明書となります。

 

また、借入の金額が一定以上となる場合は、収入証明書が必要になります。
収入証明書とは、源泉徴収票、確定申告書、住民税決定通知書、納税証明書などです。
いざという時のためにこれらの必要書類は揃えておいたほうが良いでしょう。

 

即日融資も可能なの?

即日融資は条件さえ満たせば可能となります。
一番大切なのは何と言っても出来るだけ早く手続きを始めること。
お金借りたいと思った時点で、すぐに申込みを済ませましょう。
申込みはわざわざ店頭へ行かなくても、PCやスマートフォンから行えます。
また、即日融資をしてもらうには大体14時までに手続きを済ませなければならない場合が多いです。
土日の場合は無人契約機を利用しましょう。

 

学生や主婦でも借りられるの?

借入はサラリーマンというイメージが強いですが、学生や主婦の方の利用も少なくありません。
学生や主婦でも借入はできますが、条件があります。
まずパートやアルバイトなどをしていて一定の収入があること。
そして20歳以上であること。
お金借りたいと思っても普通の高校生は借りることができません。
これらの条件を満たしていれば、借りることが可能な場合があります。
ただ利用限度額がかなり低めに設定されていることがありますので、条件などはきちんと確認をしておきましょう。

 

消費者金融って今日中の融資に対応してくれるの?

「今日申し込んで今日中にキャッシングしたい!」という要望に応えてくれるのが消費者金融です。もちろん、お金を借りるには厳しい審査もあるので、場合によっては融資を断られることもあります。

 

それでも安定した収入があり、過去に金融事故を起こしていなければ、早い時間に申込みをすることで即日融資を受けられる可能性があります。

 

特に大手の消費者金融では、長年の経験により審査についてのノウハウを持っています。現在では銀行のグループに入っている金融サービスが殆どであり、プロミスやアコムでは銀行の審査を担当している他、銀行の保証のサービスにもなっています。

 

三井住友銀行ではプロミスが、三菱東京UFJ銀行ではアコムが保証サービスになっていて、それぞれのグループの傘下になっています。そのためにこれらの銀行では審査が早いことで即日融資も可能になっています。

 

 

消費者金融は借入れ方法が選べる会社が多い

 

銀行カードローンで融資を受ける時、銀行振込みでお金を借りることに対応していない銀行も多いようです。即日融資を受けたい時には、ローンカードを専用の機械で発行してATMからキャッシングする必要がある場合が多いです。振込みキャッシングを希望する場合には、その銀行で口座を持っていることを条件としている銀行も多いです。

 

一方消費者金融では、平日の14時までに契約が完了し振込依頼をすることで、振込キャッシングが可能になる金融サービスが多いです。もちろん時間に注意をする必要があり、振込の受付けが終了してしまうと専用の機械でローンカードを発行する必要が出てきます。

 

 

土日の申込みでも即日融資できる?

 

土日のキャッシング申込みでも消費者金融では審査を行っているので、借入れは可能になっています。その場合には土日であっても在籍確認が行われますが、勤め先の会社が休みの場合には在籍確認ができない場合が多いです。

 

プロミスでは健康保険証や給与明細の提出、アコムでは借入限度額を10万に抑える、アイフルでは契約ルームで申込みをすることで、電話確認以外の方法で休日のキャッシングをすることも可能になっています。

 

またプロミスならば三井住友銀行やジャパンネット銀行、アコムならば楽天銀行に口座があれば時間外の申込みでも振込みキャッシングに対応して貰うことも可能です。土日だけでなく、平日の夜間の申込みでも振込みキャッシングの利用が可能となっています。

 

 

 

★概要

 

消費者金融では審査が早いため、当日の申込みでキャッシングが可能になります。審査に通るためには安定した収入が必要になりますが、特に問題が無ければその日の内にキャッシングをすることができます。また振込みキャッシングにも対応している消費者金融が多いので便利です。