派遣、フリーターが今すぐお金借りたい時に読むべき記事

派遣社員が即日でお金を借りれて小躍りしてるイメージ

派遣やフリーターで生活している人も必要な資金は毎月だいたい決まっていて、何とかそれで生活できているという人も多いでしょう。

 

それでも時には病院に行き、検査などで高い医療費が掛かることもありますよね。予想外の出費は他にもあり、こんなことがあれば派遣やフリーターであってもお金を借りたいと思ってしまうかも知れません。

派遣やフリーターがお金を借りたいと思う出来事の一例

  • 冠婚葬祭
  • たび重なる飲み会
  • 予算をオーバーしてしまった旅行費用
  • パチンコで大金を使ってしまった

不可抗力や自己責任を含め想定外の出費はけっこう多いものです。時には給料の金額を超える出費になり、必要な支払いにも影響する場合もあるため、今すぐお金借りたいという状況になることもあるでしょう。

 

派遣やフリーターが金融機関から即日キャッシングしたい時には、正社員や公務員と比較して心配や気になることが多いかも知れません。どうしてもお金を借りたい時には以下を参考にされると良いかと思います。

 

今すぐお金借りたい!派遣やフリーターでも大丈夫?

金融機関から今すぐお金借りたいという時、派遣やフリーターだとお金借りれるの?という心配もあるでしょう。そんな時には毎月決まった給料を貰っているか考えてみることが大切ですよ。

 

例え毎月の収入金額が少ない場合でも、継続的に給料が支給されていれば安定収入があることになります。金額の多い少ないではなく、借りたお金を返済できるだけの給料を毎月貰っていればキャッシング審査に通ることも充分に可能です。

 

派遣やフリーターでもお金借りれることは分かったけど、まだ気になることがあるという場合は、更に下を読み進めてみてくださいね。

 

キャッシング審査とはどんな内容なの?

安心・安全にお金を借りたいならば、銀行や正規登録の消費者金融などを利用する必要があります。ただしその場合には一定の基準による審査が行われることになるのです。

 

派遣やフリーターでもお金借りれるかは、特に以下のような審査項目が大きく影響してくると言えるでしょう。

キャッシング審査に特に影響する項目

  • 年収
  • 勤務先の情報(住所・電話番号)
  • 勤務年数
  • 住居情報(持家または賃貸・居住年数)
  • 家族構成

金融機関が知りたいのは本人の返済能力であり、上記の項目からもその有無が判断されているのです。更には、個人信用情報センターへの照会により、今までの返済の延滞や債務整理などについてチェックされます。

 

年収が多く勤務年数が長いに越したことはありませんね。また賃貸よりも持家であること、一人暮らしよりも実家暮らしであることも審査で有利になる要素となるのです。居住年数も長い方が金融会社に対して容易に転居しないという安心感を与えることができます。

 

派遣やフリーターで収入が少ない場合でも、安定した収入がある上にこれらの要素でカバーができれば、審査に通る可能性が更に高くなるのです。

 

審査には在籍確認もアリ

派遣やフリーターに限らず誰もが借入れの申込みをすると職場への在籍確認が必要になります。在籍確認は、本当にその職場で働いているかを確認する電話が申込みの金融機関から掛かって来るという、審査の一環として必要な手続きです。

 

「職場に電話が掛かるの?」と心配になるかも知れませんが、特に消費者金融ならば個人名で電話を掛けてくれるため、借金が職場バレする心配をする必要はありません。

 

派遣やフリーターはいくらまで借入れ可能?

派遣やフリーターの人でも年収の多い少ないに関わらずキャッシングは可能ですが、いくらまで借入可能かといえば年収の金額次第となります。収入が少ない場合には、どうしても借入れできる金額も低めになってしまうんです。

 

厚生労働省の調査では、学歴に関係なくフリーターなどの非正規雇用労働者の収入は正社員と比較すると大幅に低くなっているという結果が出ています。性別によっても収入の格差があるため、女性のフリーターが最も収入の少ない人となるのです。(以下の図を参照)

消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠からお金借りたい場合には「総量規制」という法律が影響してきます。例えば、年収が180万円の場合なら貸金業者から総額で60万円までしか借入れできません。

 

仮に60万円を借りれる場合であれば、アルバイトや派遣先から源泉徴収票を発行してもらうか、直近2〜3ヶ月分の給料明細書が手元に保管してある必要もあります。

 

派遣やフリーターの借入れならおすすめは銀行より消費者金融

派遣やフリーターがお金を借りたい時には、銀行よりも消費者金融の利用がおすすめです。

 

銀行のローンは低金利ですが、その代わりに審査基準が厳しいため、職業が正社員ではなくて派遣やフリーターである場合には、厳しい審査結果となってしまう可能性もあります。

 

消費者金融ならば大手のサービスであっても、銀行より柔軟な審査をしてくれるのです。消費者金融は銀行とは違い、返済能力の高い人だけを対象に融資している訳ではありません。

 

審査が甘い消費者金融の場合には、返済する資金がなくて借金の踏み倒しをする人も出てくるでしょう。消費者金融では貸し倒れのリスクをカバーするために金利を高く設定しているのです。

 

派遣やフリーターであっても借入れが可能になっているのは、借金を踏み倒しされても経営が苦しくならない程度の利息(利益)を普段から確保できているからと言えます。(参考:キャッシング大全「消費者金融の金利はなぜ高い?3つの理由 」

 

金利は高めですが、その代わりに審査基準を緩めにして多くの人に融資対象となってもらおうという意図もあるのでしょう。

 

高めの金利も無利息期間なら銀行より低金利

消費者金融の金利は銀行より高めですが、有名な所では無利息期間が用意されているため、一定期間であれば銀行より低金利でお金が借りれます。派遣やフリーターの方も給料日までお金を借りたい場合には、便利に無利息サービスを利用することができるでしょう。

 

ただし来月の給料で返済するつもりが急な病気や怪我で働けなくなってしまった場合には、返すお金が確保できなくなるかも知れません。派遣やフリーターの場合だと、正社員のように毎月一定額が支給される訳ではないからです。

 

無利息だからと必要ではない金額まで借金してしまうと、無利息期間中に返済できないばかりか万が一の事態に対応できないこともあるため、必要最低限のキャッシングを心掛けましょう。