学生がお金を借りたい時に借りれるところ一覧!

大学生になると高校生の時とは違い、サークルや仲間との付き合いで多くのお金が必要になるものですよね。
そのためにお小遣いだけでは足りずにアルバイトで必要となる費用を捻出しようと考える人は多いはずです。それでも「お金が足りない!」という時に頼れる所を紹介していきますね。

 

大学生が借りれる所はどこ?

大学生は社会人とは違うので、社会的信用はまだそれほど高くないと言えるでしょう。そのために大学生がお金借りれる所は親か兄弟か友達くらいと思っている人もいるかも知れませんね。

 

例え大学生であってもアルバイトで安定した収入があれば、金融機関からの借入れだって可能になるんです。もちろん20歳以上である必要がありますが、大学生の他にも専門学校の学生でも同様に利用可能です。

 

具体的に大学生でも借りれる所とは、

  • 銀行
  • 消費者金融
  • クレジットカード会社
  • 学生ローン会社

が一般的です。
学費ならば奨学金の利用も可能ですが、それ以外の使いみちには利用できないため、学生が利用できるのは上記の金融機関くらいとなるでしょう。

 

上記のうち、学生ローン以外はテレビCMでも見たことのあるサービスでもあるため、どんな金融機関であるか知っている人は多いことでしょう。残るは学生ローンですが、その詳細については以下で記載しますね。

 

学生ローンとは何?

学生ローンと言うと、特別な金融機関であるような感じがしますが、実はプロミスやアコムなどの大手と同じ貸金業法で営業をしているため、消費者金融と同じと言えます。

 

金利は大手消費者金融よりも若干低めになっていて、中には18歳以上(高校生不可)ならお金借りれるところもあるんです。

 

ですが、利用できる金額が少ないこと、土日の申込みには対応不可であることを考えると、大学生の内から大手の消費者金融と契約をしておいた方が後々便利かも知れませんね。

 

学生ローンで未成年OKな所はどこ?

基本的に学生ローンでお金が借りれるのは20歳以上の学生と思っていた方が良いですが、実際には18歳や19歳の未成年が利用可能な金融業者もあるのです。

未成年もキャッシング可能な学生ローン業者一覧

学生ローン会社 利用限度額・金利 利用条件
アイシーローン 1万円〜50万円・10.0%〜20.0% 首都圏在住、在学の安定した収入のある18歳以上の学生の方 (高校生、予備校生は不可)

カレッヂ

50万円まで・17.0% 日本国籍の方で、高卒以上の大学生・短大生・予備校生・専門学校生の方。安定した収入のある方
フレンド田 1万円〜50万円・15.0%〜17.0% 高卒以上の大学生、短大生、専門学生、予備校生の方で、必要書類をご提示できる方。安定した収入のある方(未成年は親の保証人が必要

学生ローンは「在籍確認なし」となっているのが普通ですし、アルバイト先や学校へ電話がかかってくる心配もありません。未成年の利用でも同様の扱いとなっていますが、ただ一社、フレンド田だけは18歳や19歳の未成年の利用の場合、親権者の承諾と保証人が必要です。未成年の学生さんが親に内緒でお金借りたいのであれば、アイシーローンかカレッヂの2択ということになります。

 

学生が借入れする時のおすすめは学生ローンと消費者金融でどっち?

学生のキャッシングに学生ローンが便利なのは間違いありません。学生ローン業者であれば、学生さんの事情に精通しているため、在籍確認なし、親バレや職場バレなどの配慮も期待できます。

 

一方、消費者金融では相手が学生であっても、在籍確認を省略したり学生の状況に合わせて対応してもらうことは期待できないでしょう。ここまでならば、やはり学生には学生向けのキャッシングが最適と言えるかも知れません。ただし、以下の理由から使い勝手の良さや利便性では消費者金融の方が優位となるのです。

 

学生にも消費者金融がおすすめとなる理由
  • 全国に自動契約機が設置されていて、土日祝日のカード発行も可能
  • 利用限度額の範囲内で自由に借入れ・返済が可能
  • スマホアプリが利用できるサービスもある

 

大手消費者金融の自動契約機は全国展開で土日祝日もカード発行可能

大手のキャッシングサービスには自動契約機が用意されていて、それも全国展開となっています。どこの都道府県にいても即日カード発行可能という環境が、「今日中にどうしてもお金借りたい!」という時の即日融資をも可能にしているのです。

 

平日はもちろんですが、土日祝日であっても同様の条件でカードを発行することができます。カードが発行されてしまえば、自動契約機よりも圧倒的に数の多いコンビニのATMから自由なキャッシングが可能です。

 

振込キャッシングか来店での借入れが主となっている学生ローンでは対応できないシステムと言えるでしょう。

 

利用限度額の範囲内で自由に借入れ・返済が可能

学生ローンでのお金の借り方は、基本的にフリーローンのような一度限りの契約となっています。借入れが必要となった場合には、その都度の申込みが必要です。

 

対して消費者金融のカードローンでは、審査の際に利用限度額が決められるので、あとはカードを使って自社ATMや提携ATMから限度額の範囲内で自由に借入れや返済ができる仕組みになっています。学生ローンよりも自由度の高いお金の借り方ができるのです。

 

スマホアプリが利用できるサービスもある

知名度の高いキャッシングサービスであれば、高いレベルでのシステムが確立されています。スマホアプリもその中の1つであり、大手では軒並みアプリの提供をしているのです。アプリを利用すればカードレスでセブン銀行ATMからのスマホATM取引きが可能なサービスもあります。(参考:アプリを使ってお金借りる!消費者金融アプリが便利!

 

更には必要書類の送信や利用状況照会なども簡単に行うことができるようになっているのです。学生さんのような若い世代の方にとっては、どれも簡単に使いこなせる機能と言えるでしょう。

 

今日中にお金が欲しい時、借りる前に売ることも考えよう

アルバイトでもお金が足りないという大学生の人は、金融機関での借入れが可能ですが、その前に自分の物を売ることでお金を作ることも可能です。

 

部屋の中に売れる物があれば、ネットのブックオフブランディアなどの買取りショップなどに査定依頼の申込みをしてみることで、意外な臨時収入となる可能性もありますよ。

 

たとえば、

  • ブランドのバッグや服
  • コミックや書籍
  • DVDやCD
  • ゲームソフト

などがあり、中には価値の高い物がある場合もあるので、一度査定に出してみると良いかも知れません。

 

ただし、今日中にお金が欲しいなら、街の買取りショップで売る必要があるでしょう。

 

学生がキャッシングする条件

キャッシングはサラリーマンが利用するものというイメージがあります。
でも学生だってお金が必要なこと、ありますよね。
上京して学費を払いながら一人暮らし。何かとお金がかかります。
そこで頼りになるのはキャッシングサービス。
学生でも条件さえ満たせばキャッシングは可能です。

 

条件は
・アルバイト、パートなど、定期的収入がある
・20歳以上である

 

利用限度額等の条件や返済日など、しっかりと確認して無理なく計画的に利用しましょう。

 

 

 

【体験談】学生時代に就職活動中お金を借りた
大学4年生の頃、就職活動に必死でした。私の就活は、氷河期真っ只中で、周りの友人もなかなか内定が取れないという状況でした。
そして、説明会や面接に追われる日々で、アルバイトをする余裕もありませんでした。単位は全て取得していたので、卒業はほぼ確定していました。授業は履修していなかったのですが、学費は支払わなければなりませんでした。

 

これまでは、アルバイトをして生計を立てていましたが、就職が決まらず、就活を優先させていたので、稼ぐことができませんでした。
親にも心配をかけたくなかったので、お金借りたいと思い、80万円の借入をしました。就職が決まったら、すぐ返そうと思いました。

 

借金をしたのは初めてだったので、不安しかありませんでしたが、大学4年の夏に就職が決まったので、それ以降は必死でアルバイトをしました。そして、社会人1年目のボーナスで返済は完了しました。
それ以降は、いざという時のための貯金を心がけるようになりました。

 

>>お金借りたい