高校生・18歳・19歳はの未成年がお金を借りることについてまとめ

テレビCMで有名な消費者金融は大手のキャッシングサービスであり、人気もあることから多くの人がお金を借りています。敷居の高いイメージのある銀行よりも親近感があり、審査内容が柔軟となっていること、即日融資にも対応していることなどが多くの人から支持されている理由と言えるでしょう。

 

未成年の女の子でもお金借りたいです

 

消費者金融は、特に今すぐお金借りたい時にも頼れる金融機関であり、気軽に申込みできるというメリットもあるのです。それほどまでに便利で人気のキャッシングサービスであれば、高校生や18歳・19歳の未成年の人でも消費者金融からお金借りたいと考えることでしょう。

 

ただし、残念ながら消費者金融からお金を借りることができるのは、20歳以上の方のみとなっているんです。銀行のローンであっても同様となっています。

 

未成年が消費者金融からお金借りれない理由は民法にあるのです。

民法で定める未成年の法律行為

  • 第5条 未成年者が法律行為をするには、その法定代理人の同意を得なければならない。ただし、単に権利を得、又は義務を免れる法律行為については、この限りでない。
  • 2 前項の規定に反する法律行為は、取り消すことができる。
  • 3 第一項の規定にかかわらず、法定代理人が目的を定めて処分を許した財産は、その目的の範囲内において、未成年者が自由に処分することができる。目的を定めないで処分を許した財産を処分するときも、同様とする。

19歳以下の未成年が親など親権者に内緒でお金を借りた場合には、後から一方的に契約の取消しができますし、金融機関から借りたお金の返済も不要となる法律があるためです。未成年に貸したお金が回収できなければ、金融機関も大きな損失となってしまいます。

 

それでも未成年に融資してくれる所はあるのでしょうか。

 

利用するサービスによっては18歳・19歳の未成年の借入も可能

消費者金融や銀行のカードローンでお金借りれるのは20歳以上の人だけなので、未成年はお金を借りれません。ただし一部の金融機関では未成年の利用も可能になっているのです。

未成年も借入れが可能な金融機関

  • 学生ローン
  • クレジットカード会社(キャッシング枠)

どちらも学生を対象としていたり、学生も利用可能なキャッシングであり、未成年がお金借りたい時にも対応してくれます。

 

ただし、アルバイトなどの収入があることが基本となるので、働いていない学生や無職の18歳・19歳の人は借入れが難しくなるのです。基本的に親の同意も必要になります。

 

もちろん高校生がお金借りたい場合には、学生ローンもクレジットカードのキャッシング枠も利用不可となります。その場合には親や兄弟・友達からお金借りるしかありませんね。

 

実際に19歳以下の未成年も利用可能となっているキャッシングサービスは、以下の表の通りです。

 

18歳や19歳の未成年も利用できるキャッシングサービス

キャッシングの種類 未成年も借りれるサービス キャッシングの内容や利用条件
学生ローン カレッヂ 大学生や専門学校、予備校生の方、学生証、運転免許証・保険証等、身分証の提示が可能
アイシーローン 首都圏在住、在学の安定した収入のある18歳以上の学生の方(高校生・予備校生は利用不可)
フレンド田 安定収入のある高卒以上の学生で必要書類の提示が可能な方(未成年は親の同意が必要)
クレジットカード

三井住友VISA
デビュープラスカード

高校生を除く18歳〜25歳までの方、最高5万円までキャッシング可能
学生専用ライフカード 高校生を除く18歳〜25歳までの学生、最高10万円までキャッシング可能
楽天カード 高校生を除く満18歳以上の方、最高5万円までキャッシング可能
ファマミTカード 高校生を除く満18歳以上の方、10万円、30万円、50万円のいずれか(初回30日間無利息あり)
エポスカード 高校生を除く満18歳以上の方、20万円、30万円、50万円のいずれか(初回30日間無利息あり)
Yahoo!JAPANカード 高校生を除く満18歳以上の方、30万円、40万円、50万円のいずれか

 

未成年も利用できる学生ローン

学生ローンとは、基本的にアルバイトなどで毎月安定した収入のある20歳以上の学生が利用できるサービスです。ただし、カレッヂ・アイシーローン・フレンド田の3社では19歳以下の学生(高校生不可)にも融資をしています。

 

フレンド田を除く2社では親の同意について言及されていないため、親に内緒でお金借りたい時にも便利と言えるでしょう。ただし返済を長期間にわたり滞納すれば親元に連絡が入ることもあり、学生ローンの利用が親バレする可能性もあります。

 

学生ローンは学生にとって便利なサービスと言えますが、学生でない人の利用ができない点ではデメリットとなるでしょう。

 

学生ローンよりクレジットカードの利用が便利

未成年の人がお金借りたい時には、学生ローンよりもクレジットカードの方が便利です。学生専用のクレジットカードだけでなく、未成年の社会人も利用できるカードもあり、ショッピングにも利用できるという大きなメリットがあるからです。

 

ただし、未成年が親に内緒でクレジットカードを作ることはできません。必ず親の同意を求められることになりますし、カードの利用も親の監視下で行うことになるでしょう。学生ローンには親の同意を得ずに申込みできる会社もあることと比較した場合にはデメリットとなります。

 

ショッピング枠の利用でポイントが貯められる

クレジットカードにはキャッシング枠だけでなく、買い物代金の後払いができるショッピング枠もあり、利用額に応じてポイントを貯められるというメリットもあるのです。

 

中にはポイントカードとの兼用で気軽に利用できる、あるいは未成年を対象としたカードであればポイント増額となる場合もあり、若い人からの人気も高くなっています。

 

新規入会時にはまとまったポイントが付与される場合も多く、今はキャッシングの必要がなくてもカードを作っておくとお得かも知れません。ただし、入会ポイントは時期により大きく変わりますので要注意です。

 

未成年が作るポイントカードでもポイントが貯められる

未成年も利用可能なクレジットカード ポイントの内容
三井住友VIZAデビュープラスカード 通常の2倍、入会後3ヶ月は5倍、楽天スーパーポイントなどに交換可能
楽天カード カード入会で楽天スーパーポイント5000ポイント(期間限定)、楽天市場での買い物で最大3倍
ファミマTカード ファミリーマートでの買い物200円で1ポイント、ファミリーマートやTポイント提携先で利用可能
エポスカード 入会で2000円分のポイント付与、200円の利用で1ポイントが貯まる他、たまるマーケットでの利用で2〜30倍
Yahoo!JAPANカード 入会で5000ポイント付与、利用額に応じてTポイントが貯まる、Yahoo!ショッピングなどの利用でポイント3倍

 

未成年はお金を借りないのに越したことはない

未成年でも一部の学生ローンやクレジットカードならキャッシング可能であることは既にお話した通りです。

 

ただし、利用には親の同意が必要になる場合が多いですし、返済不能となった場合には最後の手段として親に借金を肩代わりしてもらうことにもなるでしょう。

 

親の同意を得て申込みをする必要があるため、借入れの事実はすぐに親バレしてしまいます。キャッシングの頻度によっては最終的に親にカードを取り上げられてしまう場合もありますし、強制的に解約させられることもあるでしょう。

 

未成年が自由にお金を借りることは事実上難しいですし、どうしてもお金が足りない場合にはアルバイトをする、親や兄弟・姉妹などからお金を借りることをおすすめします。未成年は金融機関からお金を借りないのに越したことはないのです。