お金を借りたいけれど、どこで借りれるか知りたい!

お金を借りれる場所を探している方にとって全員に当てはまるのが全国どこからでもスマホやパソコンで借入申し込みができるサービスです。

全国どこの場所でもお金を借りれるスマホキャッシング

 

当サイトでは借入のしやすさから利用者が最も多いプロミスをおすすめとして紹介しています。

安心してなるべく早く借金したいならまずはプロミスがおすすめ

※最短1時間融資の即日融資も可能です

(※学生・主婦でも満20歳以上でアルバイトなどで安定した収入があれば申込みOK!!)

 

プロミスはテレビCMでも有名な大手のキャッシングサービスで、銀行などからの借入よりも便利な点が多く、安心感も抜群の人気サービスです。

 

はじめてお金を借りる方にとっては一番利用しやすいサービスとなっていますので、借りれるかどうかの事前の3秒診断だけでもオススメしています。

借り入れ可能か簡単3秒診断が人気

 

 

 

 

(無利息サービスの詳細はプロミス公式サイトでご確認ください)

おすすめポイント

来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング
土日祝日24時間申込可能
スマホやパソコンから最短1時間融資のスピード感
1万円から借入可能な安心の大手

 

 

 

※簡易的な3秒診断だけでも試してみることをおすすめします

 

 

 

今すぐお金借りれる所でお金借りたいと考えるのは、誰もが同じでしょうね。お金借りたい時に利用できる場所は意外にも多く、例えばこのような所があります。

お金借りたい時に利用できる場所

  1. 金融機関(消費者金融・銀行カードローン)
  2. 郵便局
  3. 労金(※外部参考サイト:【労金(ろうきん)お金の借り方】安心審査通過マニュアル!
  4. 会社
  5. 市役所
  6. 2chなどの個人掲示板

上記のように、お金借りたい場合にはいろいろな選択肢があることになります。ただし今すぐお金借りれる所となると、利用できる場所はおのずと限定されてくることでしょう。

 

審査にはある程度の時間が必要になりますし、実際の借入れまでにも更に時間が掛かることもあります。今すぐお金借りたい時には即日での借入れに向いている場所を選ぶ必要もあるのです。

 

今すぐお金が欲しい時には、親や身内・銀行カードローン・消費者金融のいずれかでお金を借りるしかないでしょう。ただし、親や身内に借りる場合と金融機関から借りる場合では勝手が全く違ってきます。

 

借入れのスピードより低金利であることを重視するなら郵便局やろうきん、市役所の利用がおすすめです。

 

親ならいつで気楽に借金可能、それでもデメリットはある

一番安心で安全な借入先とは、最も身近にいて困った時すぐに助けてくれる親かも知れませんね。親であれば無利息で貸してくれますし、借りたお金を返せずに貸倒れとなっても「出世払い」で許してくれる可能性が高いです。

 

ただし、ある程度お金に余裕のある家庭であるか、子供の行動に干渉しない親であれば、今すぐお金借りたいという希望を簡単に聞いてくれるかも知れませんが、現実はその逆の場合も多いのではないでしょうか。

 

大概は、「そんなお金何に使うの?」や「今お金がないから今度の給料日まで待って」などと言われることが容易に予測できますよね。簡単そうで意外に簡単にいかないというデメリットが、親からの借入れに隠れているかも知れません。

 

金融機関からの借入れならいつでも申込み可能

親から借金するよりも金融機関を利用する方が便利な場合もありますよね。貸金を専門としているキャッシングサービスであれば、お金の使い方を意見されることもなく、自分の返済能力の範囲で即日お金借りることも可能です。

 

そこでおすすめなのが銀行や消費者金融のカードローンであり、特に消費者金融のカードローンなら、審査時間は最短30分・借入れまでの時間は最短1時間というスピードで、今すぐお金借りたいという希望にも対応してくれるのです。

 

ヤミ金から借りるのは絶対にダメ

金融機関からお金借りるなら即日での借入れも可能ですし、どうしても今すぐお金借りたい時に頼りにしても安心な場所と言えます。

 

ただし、貸金業者の中にはヤミ金も存在しているため、日本貸金業協会などのホームページ内の「悪質業者の検索」や、各都道府県の財務局が公表している「違法な金融業者に関する情報について」をチェックし、ヤミ金ではないことを確認する必要もあるんです。

 

急いでいてヤミ金かそうでないか調べている時間も無いという場合には、大手の消費者金融に申込みした方が早いかも知れません。

 

郵便局からお金を借りる方法

お金を借りる場所には郵便局もあります。ただし、郵便局からお金借りたい場合には、担保となる各種の定期貯金や定額貯金、あるいは郵便局の窓口で購入した国債があることが条件となるのです。

 

いざという時に貯金の解約や国債の売却をしなくても一定額まで審査なし・無担保・保証人なしで貸付を受けることができます。

 

貯金や国債を担保とする郵便局の貸付けは以下の通りです。

郵便局でお金借りたい時に利用できる貸付け

  1. 財産形成貯金担保貸付け:財形定額貯金、財形年金定額貯金または財形住宅定額貯金を担保として預入金額に利子を加えた金額の90%相当額まで(1契約につき300万円まで)借入可能
  2. 貯金担保自動貸付け:担保定額貯金または担保定期貯金を担保とし、通常貯金の残高不足時に預入金額の90%以内まで(1冊の総合口座通帳につき300万円まで)自動融資可能
  3. 国債等担保自動貸付け:ゆうちょ銀行及び郵便局の貯金窓口で購入した利付国債及び個人向け国債を担保とし、保有の国債の80%(一人200万円まで)借入可能

(参考:ゆうちょ銀行HP「ローン・貸付け」

ゆうちょ銀行の貸付けでは担保となる貯金や国債があるため、貯金の約定利率に0.25%〜1.7%をプラスした低金利での借入れが可能です。

 

ただし、貸付期間内に返済できない場合、担保とした貯金を払い戻して貸付金や利子の返済に充当されることになるため注意が必要ですよ。

 

労金からお金を借りる方法

労働金庫法に基づいて設立された金融機関である労金(ろうきん)でも銀行からお金を借りる時と同じように融資を受けることが可能になっています。ろうきんは、労働組合や生活協同組合などを主な会員としている団体であるため、営利を目的としていません。

 

そのため、銀行よりも低金利でお金を借りることが可能になっています。例えば、中央ろうきんのカードローン「マイプラン」であれば、利用限度額は最大500万円、金利は年7.075%〜年8.475%でお金を借りることができます。

 

中央ろうきんのマイプランは、中央労働金庫に出資のある団体会員の構成員、またはご自宅もしくはお勤め先(事業所)が中央ろうきんの事業エリア内(茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・山梨県)にある給与所得者であり、次の条件に全て該当する方が対象となっています。

中央ろうきんでお金借りたい時の条件

  • 申し込み時の年齢が満18歳以上満65歳未満である方

  • 同一勤務先に1年以上勤務している方(自営業者等の給与所得以外の方は原則として3年以上)

  • 安定継続した年収(前年税込み年収)が150万円以上ある方

  • 中央ろうきん所定の保証協会の保証を受けられる方

中央ろうきんの営業区域に住んでいる、または勤務している社会人であれば18歳や19歳の未成年の方もお金を借りることが可能です。ただし、未成年者の場合には親権者の同意が必要になっています。

 

会社からお金を借りる方法

緊急事態でお金が必要になった場合には、会社からお金を借りる方法もあります。

会社からお金を借りる方法

  • 労働基準法第25条で定める非常時の給料前借り制度を利用する
  • 前給制度を利用して給料を前借りする
  • 社内貸付制度を利用する

労働基準法により、出産、結婚、病気、災害などの緊急事態が発生した場合には、働いた分に対する給料の前借りができることになっています。前借りに該当する理由がある場合には、会社がその請求を断ることはできません。(参考:厚生労働省「労働基準法第25条(非常時払)について」

 

ただし、まだ働いていない賃金の前借りは義務付けられてないため要注意です。

 

きらぼし銀行では、「前給制度」のサービスを行っています。お勤めの会社が前給制度の導入をしていれば、どんな理由でも働いた分に対する給料の前借りを受けることができます。

 

社内貸付制度のある会社であれば、低金利でお金を借りることが可能です。申込みは上司や担当部署などで行います。返済方法については給料との相殺を法律で禁止されていますが、お互いの同意により給料からの天引きという場合もあるでしょう。

2018年10月に厚生労働省は、企業が従業員に対して給料をデジタルマネーでも支払えるよう規制を見直す方針を固めたようです。銀行口座を通さずにカードやスマホの資金決済アプリなどに送金できるようにするシステムが整えば、給料の前払いをデジタルマネーで受取れる日も近いでしょう。(情報元:日本経済新聞 電子版「デジタルマネーで給与 厚労省、19年にも解禁」

 

市役所からお金を借りる方法

お金を借りる場所は民間の金融機関だけではなく、市役所などの行政機関にもあるのです。都道府県の社会福祉協議会が実施している生活福祉資金貸付制度により以下の世帯を対象として、無利子あるいは年1.5%の低金利で貸し付けを行っています。

 

ただし生活福祉資金貸付制度の利用には、以下の条件に1つでも当てはまることが条件となるのです。

生活福祉資金貸付制度でお金借りたい時の利用条件

  • 65歳以上の高齢者世帯
  • 住民税非課税程度の低所得者世帯
  • 障害者手帳などを保有する人のいる障害者世帯

上記の条件に1つでも該当しないと利用できませんが、例えば失業して再就職もできず生活費が足りない、子どもの教育費が捻出できないなどの理由がある場合には、市役所に相談してみると良いでしょう。

 

2chなどの個人掲示板で借りるのはダメ

金融機関からの借入れという訳ではありませんが、2chなどのネット個人掲示板を利用して個人的なお金の貸し借りをしている人もいるようです。

 

今は令和元年でネットのモラルも低下しています。個人間のお金の貸し借りには、詐欺や犯罪に関係する場合もあるため、トラブルに巻き込まれる危険もあるようです。なので、こういった掲示板をお金借りたいために利用するのは絶対にダメですよ。