お金借りたい時は無利息キャッシングが断然お得!

無利息キャッシングとは、一定期間だけ利息なしで借入れできるサービスを言います。
無利息期間中であれば何度でも利息0円でお金を借りれますし、一度返済しても再び無利子での借入れができるのです。

 

例えば30日間無利息サービスの場合には、30日後の借入残高が0円の場合、支払う利息も0円となります。借入残高があれば、無利息期間終了後に借入日数に応じた利息が発生することになるのです。(以下の画像を参照)

30日無利息サービスのしくみ(利用の一例)

 

(30日間で完済する場合:利息の発生なし)

(30日間を過ぎても残高がある場合:残高分の利息が発生)

無利息サービスは基本的に初回の利用であることが条件となりますが、中には完済すれば何回でも無利息サービスを利用できるキャッシングサービスもあるのです。

 

今はお金借りたい状況であっても時期が来ればすぐに返済できる見込みのある場合には、無利息期間の利用がおすすめとなります。無利息サービスを利用すれば一定期間利息を支払わずに現金を借りることができるため断然お得です。

 

ただし、注意しなければならないのは無利息期間を過ぎてしまうと金利が発生することです。無利息期間があるキャッシング商品は、住宅ローンやマイカーローンなどの金利より高めに設定されていますので、できれば無利息期間内に返済するようにしましょう。

 

金融機関によっては初回利用の他にも条件がある場合もあるため、事前にそれぞれの公式サイトで確認しておく必要があります。

 

無利息キャッシングが利用できるのはどんな場所?

お金を借りる時の利息がゼロなら本当に助かりますよね。無利子で借りれる融資には、奨学金(第一種)(参考:日本学生支援機構「第一種(無利息)」)や公的融資の生活福祉資金貸付制度(参考:厚生労働省HPなどが知られています。

 

民間の金融機関の場合だと、無利息融資が受けられる場所には以下のようなところがあるんです。ただし、初めて借入れする人が対象となっているため、同じキャッシングサービスで再び無利子融資を受けることはできません。(ノーローンは無利息期間中に完済すると翌月以降も無利息)

 

無利息キャッシングが利用できる場所には以下のような金融機関があります。大手消費者金融以外にも中堅消費者金融(街金)やネット銀行、地方銀行で利息0円キャッシングの利用が可能になっているのです。

 

ただし、初回利用であること以外にも条件が設定されている所もあるため、事前の確認が大事ですよ。(※以下を参照)

無利息キャッシングが利用できる金融機関と利用条件(初回の利用以外)

  • プロミス(WEB明細書の利用登録、メールアドレスの登録が条件):30日間無利息
  • アコム(35日ごとの返済方法を選択した場合):30日間無利息
  • アイフル:30日間無利息
  • ノーローン:1週間無利息(完済した翌月以降も1週間無利息)
  • レイクALSA:30日間無利息、180日間無利息(5万円まで)
  • フタバ:30日間無利息
  • アイシーローン:30日間無利息
  • ライフティ:35日間無利息
  • ニチデン:100日間無利息
  • 楽天銀行カードローン(カードローンの申込みと同時の新規口座開設が条件):30日間
  • ジャパンネット銀行:30日間無利息
  • 静岡銀行カードローン:最大45日間分の利息をキャッシュバック

 

無利息でお金を借りるメリットってなに?

無利息でお金を借りるメリットとは、一定期間の利息が0円になることです。親や友達から借金するのと同じように利息の支払いが不要になるため、無利息融資の利用はお得なお金の借り方と言えます。

 

実は無利息でお金を借りるメリットは、一定期間の利息が0円になりお得なことの他にもあるのです。

無利息キャッシングを利用するメリット

  1. 借入30日後の利息は最も高額になっている
  2. 無利息期間中の返済は100%元金に充当できる

 

借入30日後の利息は最も高額になっている

利息は借入元金の残高に対して発生するため、第1回目の返済日となる借入30日後の利息は最も高額になります。30日間無利息サービスを利用することにより30日間の利息が無料になるだけでなく、一番高い時の利息を支払わなくて良いという点でも更にお得になっているのです。

 

ただし、無利息になるのは借入後30日間だけなので、無利息期間のないサービスと比較して圧倒的にお得かと言えば、それほど大きな違いにはならない場合も多いでしょう。とは言え、借入残高が大きい場合には利息の支払総額も違ってきますし、例え少額であっても1円でも得することができたら嬉しいものですよね。

 

無利息期間中の返済は100%元金に充当できる

カードローンでお金を借りた場合、返済方法で一括払いを選択する以外ではリボ払い(リボルビング払い→参考サイト:知るぽると(金融広報中央委員会)「リボルビング払いとは」により毎月支払いを続けていくことになります。

 

例えばアコムで10万円借りて13回にわたりリボ払いする場合の返済例は以下のようになっています。

リボ払いで10万円を13回払いする場合の返済例

 

(出典:アコム「ご返済シミュレーション結果」

上の表のようにリボ払いの場合、毎月の返済額には元金だけでなく、利息も含まれているのです。無利息期間中の返済であれば利息0円となるため、1回目の返済で支払額の100%を元金返済に充当することができます。

 

元金を少しでも早く減らすことができれば、支払う利息の総額も軽減することが可能になるためお得です。

 

返済の遅延に注意!無利息期間中にも返済日がやってくる場合あり

無利息でお金を借りている間であれば、たとえ一時であっても支払う利息が0円となるため、経済的にも精神的にも余裕を持つことができるでしょう。ただし注意したいのが、「無利息期間中であっても返済日がやってくる場合もある」ということです。

 

無利息期間中の返済に遅れた場合には、その日で無利息サービスは終了して翌日から通常の金利が発生することになります。無利息期間が満了していない場合にも返済の遅延には注意が必要であり、借入後に初めて来る返済期日の確認が大事になるのです。

 

長期の返済の遅れは無利息期間が終わるだけでは済まない場合も

返済の遅れがあれば無利息期間が終了するだけでなく、長期間に渡る返済の延滞となれば最終的には信用情報に傷がついてしまうこともあります。30日程度の返済の遅れで直ちに影響することは少ないですが、61日または3か月以上の返済の遅れで長期延滞となり、個人信用情報機関に異動情報として登録されると言われています。(参考:ブラックリストに載ると学生ローン審査に通らない?延滞情報など

 

更には遅延損害金も発生することになりますので、借金がどんどんと膨らんでしまう結果となるため要注意です。

 

低金利キャッシングなら絶対に銀行がおすすめとは言い切れない

金融機関でお金借りたいと思った時に心配になるのが金利の高さでしょう。一般的に「低金利キャッシング」と聞いて連想するのは銀行カードローンかも知れません。

 

確かに銀行の金利は金融機関の中で最も低金利であり、平均して4.5%〜14.0%あたりで推移しています。対して消費者金融の場合だと、大手に限って言えば4.5%〜18.0%が平均と言えるでしょう。街金やサラ金とも呼ばれる中堅消費者金融に至っては更に高めの20.0%が上限金利となっている所もあるほどです。

 

ただし、低金利の所でお金借りたい時に「絶対に銀行がおすすめか?」と言えば、必ずしもYESとは言い切れないのです。その理由は以下のようなことにあります。

低金利なら銀行が絶対におすすめと言い切れない理由

  1. 毎月の返済額が少ないと結果的に利息が高くなる場合もある
  2. 借入金額によっては、消費者金融の金利とあまり変わらない場合もある
  3. 無利息期間のある消費者金融の方が低金利になる場合もある

低金利の銀行も場合によっては消費者金融の金利と大差ないか、あるいは返って金利が高くなるということもあるのです。詳細は以下を参照してみてください。

 

低金利の銀行も月々の返済額が少ないと利息が高くなる場合も

例えば銀行カードローンから14.5%で50万円を借入れした場合には、毎月の返済額によって利息の支払総額が以下のように変化することになるのです。毎月の返済額が1万円違えば、返済期間は4年長くなり、支払う利息総額も約175,000円高くなります。

毎月の返済額により変わる銀行カードローンの利息総額(借入金額:50万円、金利:14.5%)

  • 1万円/月(78ヶ月):271,542円
  • 1.5万円/月(43ヶ月):143,730円
  • 2万円/月(30ヶ月):98,870円

銀行カードローンならば低金利だからゆっくり返済しても利息の心配はないと思っていると、気付いたら予想外に高額な利息を支払っていたということにもなるのです。

 

返済額によっては審査に通りやすい消費者金融の方がお得な場合も

審査の厳しい銀行カードローンで50万円借りて毎月1万円を返済するのであれば、審査が甘い消費者金融で毎月2万円返済した方が支払う利息総額が少なくなりお得です。

 

例えばアコムで金利18.0%で50万円を借入れ、月々2万円返済する場合であれば完済までに支払う利息総額は131,374円となり、返済期間も32ヶ月で済むことになります。

 

審査が厳しい銀行の審査を受けるよりも、審査基準が柔軟となっている消費者金融に申込みした方が即日融資の期待も高くなりますし、何よりも審査に通りやすいというメリットがあるのです。

 

借入金額によっては消費者金融とさほど変わらない金利の場合も

金利には最低金利と最高金利の両方が存在する場合も多く、銀行カードローンの平均金利である4.5%〜14.5%の内、前者が4.5%であり後者が14.5%ということになります。

 

低金利キャッシングとして人気のある銀行カードローンですが、実は借入金額によっては消費者金融の金利とさほど変わらない場合もあるのです。

 

特に最低金利については銀行と消費者金融でほぼ同じになっていて、500万円程度の最高限度額を借りる場合であれば両者の金利の差がなくなる仕組みになっているのです。消費者金融での高額借入れが可能であれば、審査の厳しい銀行カードローンに申込みする必要はないと言えるでしょう。

 

ただし、消費者金融の場合には総量規制の対象となっているため、貸金業者から500万円借りるのであれば1,500万円以上の収入が必要です。(参考サイト→金融庁HP「(4) 貸金等に関する相談事例等及びアドバイス等 ・ 7.総量規制に関する相談等」

 

無利息期間のある消費者金融の方が低金利な場合も

銀行のローンは低金利であることに間違いありませんが、それでも最低4%前後の利息が発生することになります。一方、無利息期間のある消費者金融ならば、借入後30日間など一定期間の金利が0%となるのです。

 

金利0%ということは利息も0円となるため、どんなに低金利の銀行カードローンであっても無利息期間のある消費者金融の方がより低金利と言えます。無利息サービスの利用可能なキャッシングサービスでお金借りたいのであれば、わざわざ金利が発生する銀行のローンに申込みする必要はないですよね。

 

 

 

【体験談】どうしようもなくお金を借りたあの時。
大学時代、3回だけ友人からお金を借りたことがあります。
お金を借りたのは、家賃が払えなかった時。
授業料が重なって、お金が足りなくなった時期がありました。

 

当時は大学1年生で、友人に頭を下げて借りました。

 

借りた翌月にそっくりそのまま返しましたが、お互い学生同士なので金銭的な余裕はありません。
まして、貸してくれた友人は苦学生で親からの仕送りが一切無く、奨学金をやりくりして生活をしていたので、お金を借りる申し訳なさと言ったらありませんでした。

 

当時の思い出があるからなのでしょうか。今ではできるだけお金は借りないように心掛けています。

 

即日キャッシングの方法と審査