キャッシングするなら無利息で借りたい

無利息キャッシングとは、条件付きで一定の期間無利息で借り入れが出来るサービスの事を言います。

 

初回利用時に一定期間無利息になるものや、完済すれば何回でも無利息サービスを利用出来るものがあります。

 

もし、すぐに返済出来る見込みがあるならば、無利息期間のキャッシングを利用すれば利息を払わずに現金を借り入れる事が出来ますので断然お得です。

 

しかし、注意しなければならないのは無利息期間を過ぎてしまうと金利が掛かってしまうというところです。

 

無利息期間があるキャッシング商品は、一般のキャッシングよりも金利が高めに設定されていますので無利息期間内に返済するようにしましょう。

 

キャッシングサービスによって無利息期間や条件が設けられていますので、お金借りたい時は公式サイトを比較して自分にあったものを見つけましょう。

 

無利息キャッシングが利用できるのはどんな場所?

お金を借りる時の利息がゼロなら本当に助かりますよね。無利子で借りれる融資には、奨学金(第一種)(参考:日本学生支援機構「第一種(無利息)」)や公的融資の生活福祉資金貸付制度(参考:厚生労働省HPなどが知られています。

 

民間の金融機関の場合だと、無利息融資が受けられる場所には以下のようなところがあるんです。ただし、初回利用のみが対象となっているため、同じキャッシングサービスで再び無利子融資を受けることはできません。無利息キャッシングの利用には、一定条件のクリアが必要な場合もあります。

無利息キャッシング可能な金融機関
  • プロミス(WEB明細書の利用登録、メールアドレスの登録が条件):30日間無利息
  • アコム(35日ごとの返済方法を選択した場合):30日間無利息
  • アイフル:30日間無利息
  • ノーローン:1週間無利息(完済した翌月以降も1週間無利息)
  • レイクALSA:30日間無利息、180日間無利息(5万円まで)
  • フタバ:30日間無利息
  • アイシーローン:30日間無利息
  • 楽天銀行カードローン(カードローンの申込みと同時の新規口座開設が条件):30日間
  • ジャパンネット銀行:30日間無利息
  • 静岡銀行カードローン:最大45日間分の利息をキャッシュバック

 

無利息でお金を借りるメリットってなに?

無利息でお金を借りるメリットは、何よりも一定期間の利息が0円になることでしょう。親や友達から借金するのと同じように利息の支払いが不要になるため、無利息融資の利用はお得なお金の借り方と言えます。

 

実は、無利息でお金を借りるメリットは他にもあるのです。

 

無利息期間を利用するメリット
  • 借入後30日間の利息は最も高額になっている
  • 無利息期間中の返済は100%元金に充当できる

 

借入後30日間の利息は最も高額になっている

利息は借入元金の残高に対してかかるため、借金の金額が最も多い借入後30日間の利息も同様に最も高額となるのです。30日間の利息が無料になるだけでなく、一番高い時の利息を支払わなくて良いという点でも更にお得になっているのです。

 

ただし、無利息になるのは借入後30日間だけなので、無利息期間のないサービスと比較して圧倒的にお得かと言えば、それほど大きな違いにはならない場合も多いでしょう。とは言え、借入残高が大きい場合には利息の支払総額も違ってきますし、例え少額であっても1円でも得することができたら嬉しいでものですよね。

 

無利息期間中の返済は100%元金に充当できる

カードローンでお金を借りた場合、返済方法で一括払いを選択する以外ではリボ払いにより毎月支払いを続けていくことになります。リボ払いでの返済の内訳は以下のようになっています。

毎月の返済額=利息+元金返済

毎月の返済額の中には返済する元金だけでなく、利息も含まれているんです。無利息期間中の返済であれば、利息なしとなっているため、返済額の100%を元金返済に充当することができます。

 

元金を少しでも早く減らすことができれば、支払う利息の総額も軽減することが可能になるためお得です。

 

返済の遅延に注意!無利息期間中にも返済日がやってくる場合あり

無利息でお金を借りている間であれば、たとえ一時であっても支払う利息が0円となるため、経済的にも精神的にも余裕を持つことができることでしょう。ただし注意したいのが、「無利息期間中であっても返済日がやってくる場合もある」ということです。

 

無利息期間中の返済に遅れた場合、その日で無利息サービスは終了し、翌日から通常の金利がつくことになります。無利息期間が満了していない場合にも返済の遅延には注意が必要であり、借入後に初めて来る返済期日の確認が大事になるのです。

 

長期の返済の遅れは無利息期間が終わるだけでは済まない場合も

返済の遅れがあれば無利息期間が終了するだけでなく、長期間に渡る返済の延滞となれば最終的には信用情報に傷がついてしまうこともあります。30日程度の返済の遅れで直ちに影響することは少ないですが、61日または3か月以上の返済の遅れで長期延滞となり、個人信用情報機関に異動情報として登録されると言われています。(参考:カードローンnet「長期の延滞は信用情報に傷がつく」

 

更には遅延損害金も発生することになりますので、借金がどんどんと膨らんでしまう結果となるため要注意です。

 

 

 

【体験談】どうしようもなくお金を借りたあの時。
大学時代、3回だけ友人からお金を借りたことがあります。
お金を借りたのは、家賃が払えなかった時。
授業料が重なって、お金が足りなくなった時期がありました。

 

当時は大学1年生で、友人に頭を下げて借りました。

 

借りた翌月にそっくりそのまま返しましたが、お互い学生同士なので金銭的な余裕はありません。
まして、貸してくれた友人は苦学生で親からの仕送りが一切無く、奨学金をやりくりして生活をしていたので、お金を借りる申し訳なさと言ったらありませんでした。

 

当時の思い出があるからなのでしょうか。今ではできるだけお金は借りないように心掛けています。

 

即日キャッシングの方法と審査