緊急!今日中にお金が必要になって借りたい時!

どうしても今日中にお金借りたいなら、

  • 即日融資に対応している所で借りる
  • 申込みの時間に注意する
  • 必要最低限の金額を希望する
  • 申込みはインターネットが基本

ということに注意する必要があります。

 

以下では、今日中にお金借りたい時に注意するべき点を、上記の項目ごとに説明していきますね。

 

即日融資に対応している所で借りる

1週間以内にお金借りたいという時ならば、金融機関なら大抵の所で借入れ可能と言えるかも知れません。
また1か月くらいの余裕があるなら、場合によっては市役所や会社などから借りることも可能と言えるでしょう。

 

それでも今日中にお金借りたいなら、即日融資に対応している所を利用するしかありません。

 

今日中にお金借りたいなら何処で借りるべき?

どうしても次の給料日までお金が足りない時、頼るのはまずは親や兄弟かも知れません。また友達に借りるというケースもあるでしょう。

 

それでも、身近な人に頼むのは意外に言い出しにくいということも多いみたいですね。

    親などの家族、友人知人にお金を借りにくい理由

  • お金を借りるのは相手に迷惑をかけるし悪いから
  • 相手も余裕のお金が無いと思うから
  • 借りる相手に意見をされそう
  • 自分にお金を稼ぐ力がないと思われそう
  • お金を借りた後に関係が悪くなりそう

などの心配があるからと言えるでしょうね。

 

その場合には、何の気兼ねも心配もなくお金を貸すことを専業としているキャッシングサービスを利用した方が、今すぐお金が必要な時なら手っ取り早いと感じるかも知れませんね。

 

今日中にお金借りれるキャッシングサービスとは?

今日中にお金借りれるキャッシングサービスには、

  • プロミスやアコム、アイフル、モビットなどの大手消費者金融
  • キャッシング・エニー、フクホーなどの街金
  • みずほ銀行などの大手銀行、東京や大阪・その他の地域を拠点としている地方銀行
  • ネット銀行

などがあります。

 

ただし地方銀行では即日融資が可能になっている場合が少ないため、銀行を利用するのであれば即日融資も可能になっている大手やネット銀行が便利です。

 

また更に便利なのが消費者金融であり、特に大手では土日の申込みにも対応可能な場合もあるため、今日中にお金借りたい時には便利と言えます。

 

申し込みの時間に注意する

今日中にお金が必要ならば、申込みの時間に注意する必要があるんです。

 

当日中の借入れには指定の銀行口座への振込みが必要となるため、銀行が振込みの受付けをしている時間までに契約が完了している必要があります。

 

具体的には平日の午後2時が契約完了の目安となるので、理想は朝の内の申込みがおすすめと言えるでしょうね。

 

大手なら午後2時以降でも今日中の借入れが可能

どうしても今日中に必要となるお金借りたい時、大手の利用なら以下の2つの方法があるんです。

  1. 振込キャッシングで今日中にお金を借りる
  2. 自動契約機でカードを発行し、ATMから借りる

 

プロミスやアコム、アイフル、モビットなどの大手消費者金融、三菱東京UFJ銀行や新生銀行カードローン レイクなどの銀行カードローンを利用する場合、自動契約機が用意されているために振込み・カードの2通りの借入れ方法が利用できます。

 

そのため平日午後2時を過ぎてしまった場合にも、自動契約機でカードを発行することで、コンビニATMでもキャッシング可能になるんです。

 

必要最低限の金額を希望する

今日中にお金借りたいならば、必要最低限の金額を希望するべきです。

 

この先必要になるかも知れないからと多めの金額を希望することで審査通らない場合もあり、審査に通っても時間がかかってしまうことがあるからです。

 

少額の希望なら審査が必要以上に厳しくなる可能性は低いことから、必要とする金額のみを希望するようにしたいですね。

 

消費者金融で借りるなら総量規制に注意を

消費者金融などの貸金業のサービスを利用する場合、「総量規制(参考:お金を借りるには??「総量規制ってなに?」」という法律があるため、年収の1/3以下が借入総額の限度額となっているんです。

 

そのため既に他のサービスで借入れがある場合には、借入れの総額に注意する必要があります。

 

申込みはインターネットが基本

どうしても今日中にお金が欲しいという場合には、申込みはインターネットが基本となります。

 

インターネット申込みならば24時間365日対応となっているため、夜中でも早朝でもお金が欲しいと思った時にすぐに申し込みできるんです。

 

即日でお金借りたいならば、時間との勝負となるために最速の申込み方法を利用することが基本と言えます。

 

大手の消費者金融ならスマホアプリの提供も

インターネットで申込みする場合、PCやスマホを利用するわけですが、特にスマホから申込みするなら大手の消費者金融で提供しているアプリの利用が便利です。

 

中には申込みに文字を入力することなく、名刺などをカメラに読み込ませるだけでOKというアプリもあるようなので、便利なアプリを利用できることでも借入れのサービスを選択する材料となるかも知れませんね。

 

大手のキャッシングサービスで用意されているスマホアプリ

大手消費者金融では、インターネット申込みであば即日融資も可能となる体制が整っています。パソコンや携帯電話があれば、来店不要で素早く借入申込みを完了することができるのですが、それよりも更に便利なのがスマホアプリなんです。

 

自宅以外でもネットが利用できる環境があれば、多くの便利な機能を持ったスマホアプリの利用が可能になります。それぞれの人気キャッシングサービスでは、アプリだからこそ利用できる独自のサービスを提供しているのです。

大手消費者金融で提供されているスマホアプリとその機能

消費者金融名 使えるアプリの主な機能
プロミス「アプリローン」 申込みや書類の提出、入出金、カードレスでセブン銀行ATMで借入・返済、アプリdeクーポン!の利用など
アコム「アコムナビ」 申込みや書類の提出、会員ログイン、よくある質問、返済シミュレーション、店舗・ATM検索
SMBCモビット「myモビ」 カードレスでセブン銀行ATMで借入・返済、振込キャッシング、増額審査申込、利用状況照会など
アイフル 申込み、カードレスでセブン銀行ATMで借入・返済、書類の提出、利用状況照会、増額審査申込など
レイク「e-ALSA」 カードレスでセブン銀行ATMで借入・返済、会員ログイン、返済シミュレーションなど

即日キャッシングをしたい時は

即日キャッシングとは、キャッシングの申し込みをしたその日に融資を受ける事を言います。

 

お金が必要になったけど、親や友人には借りられない時にはキャッシングサービスが便利です。
一定の収入があればパートやアルバイトでも即日融資を受けることも可能です。
わざわざ店頭へ行かなくても、Web申込みという方法がありますので時間のない方にはピッタリです。
ただ、即日で融資を受けるには時間制限がありますので、思い立ったらすぐに行動すると良いでしょう。

 

申込みには本人確認書類が必要となりますので、運転免許証や健康保険証などを用意しておくとスムーズです。

 

即日融資を望む時は急いでいる場合が多いと思いますが、利用規約はしっかりとひと通り目を通すようにしましょう。

 

どうしても今日中にお金借りたいなら申込みの嘘やミスに注意!

急な出費でどうしても今日中にお金借りたい時には、@即日融資に対応しているところを選ぶ、A早めの時間に申込みする、B高額の融資を希望しない、C申込みはインターネットで行う、D必要書類は事前に準備しておくなど注意するべき点がいくつかあります。

 

即日融資を受けるために上記の項目は絶対に抑えておきたいポイントとなりますが、実はそれだけでは不安な部分もあるのです。今日中にキャッシングできないと絶対に困る状況であるならば、審査に落ちる原因を作らないことも大事になってきます。そのため、以下のことにも注意する必要があるのです。

 

借入申込みで嘘をつくのは絶対にダメ!

消費者金融に限らずどんな金融機関であっても、申込みの際に嘘の情報を申告することは絶対にやめた方がいいです。審査で有利になるように年収、勤務先の名称や電話番号、勤続年数、他社借入れなどの情報で嘘をついても、後からバレる可能性があるからです。

 

審査の一環として実施されることの多い在籍確認では、勤務先への電話連絡が基本になっています。勤務先名や電話番号に嘘があれば電話をかけた際に一度にバレることになるでしょう。

 

他社借り入れの件数や金額の嘘については、信用情報機関へ信用状況を照会した際にキャッシングの利用状況が全て判明することになるため、嘘をつき通すことは不可能です。嘘がバレることにより金融機関からの信用を失い、審査に落ちる可能性が高くなります

 

勤務先情報の記入ミスには特に注意が必要

どうしても今日中にお金を借りたいために、審査に通りやすくなるような嘘をつく場合もありますが、虚偽ではなく単なる記入ミスにより正確な事実の申告ができない場合もあります。

 

特に勤務先情報の記入で電話番号の数字を書き間違ったりすると、在籍確認が取れないばかりか、嘘をついていると誤解されてしまうこともあるのです。

 

今は紙の申込書に記入するよりもインターネットの入力フォームに必要事項を入力することが多くなっていますよね。タイピングミスにより間違った情報を申告してしまうこともあるため十分な注意が必要です。

 

 

 

【体験記】友人にお金を借りた
 私は中小企業のサラリーマンをしております。
 給料が低いため、残業をして残業代を稼がないとやっていけない毎日が続いていました。
 家賃、電気代、水道代、ガス代、携帯代、食費、交通費、交際費・・出費はきりがありません。
 一日の食費は1000円まで。エアコンもなるべく使わないようにして、お風呂もシャワーのみ。節約にがんばっていました。
 ある月、仕事が少なくなって残業が出来ない日々が続いてしまいました。
 給料日になり、かくにんしてみるといつもより10万円も少ないのです。
 そんな時に限って友人の結婚式が控えていました。全然お金が足りません。 
 仕方なく、同僚にお金を貸して欲しいと頼みました。最初は冗談かと思われましたが、私が真剣にお願いをしたため、本気なのだとわかり、5万円貸してくれることになりました。
 来月の給料で返すと約束をしてほっとしました。
 ところが来月になっても仕事が増えず、残業ができない日々が続いていました。かなりのピンチ。このままでは10万円を返すことが出来ないのです。
 しかしその後なんとか仕事が増え、残業ができるようになって、同僚に借金を返す余裕ができました。
 今回はなんとか返せましたが、返せなかったら今後の付き合いにも支障をきたしていたと思います。
 なるべくなら借金をしない、そしてどうしても借金をするなら知り合いではなく、キャッシングサービスを利用したほうが気持ち的にも楽だなということがわかりました。