主婦でもお金借りることはできる?

お金を借りたいという希望を持っている主婦の写真

主婦でも借りれるキャッシングがあります。

 

ただし総量規制という規則があるため収入が無いと借入は難しいです。
ということは、主婦でもパートやアルバイトをしていて定期的な収入があれば
借入が可能な場合があるということです。

 

さらに気になるのが周りの目。特に旦那にバレないようにしたい、という人も多いでしょう。

 

そんな時も心配ありません。
郵送物の選択や在宅確認の指定も出来ますので、人目をしのんで契約することも可能です。

 

ただし内緒で借りたとしても、返済に困ったら迷わず家族に相談することが大切です。
キャッシングのご利用は計画的に。

 

 

旦那に内緒で主婦がお金を借りたい理由は何?

主婦が「お金借りたい!」と思うのには何らかの理由があるはずです。キャッシングしたい主婦の中には「旦那に内緒にしたい」という方も多く、それも主婦がお金を借りたい理由と関係しているのかも知れません。

 

主婦がお金を借りたい理由

 

家計がピンチ!不足している生活費を捻出したい

家族が安心して生活していくためには、お財布を預かっている主婦のやり繰りが重要となるわけですが、最も難しいのが生活費の節約ですよね。水道光熱費や食費は節約にも限度がありますし、毎月一定額はどうしてもかかってしまうものです。

 

子どもの急病や怪我などで予想外に医療費がかかり、生活費からの支出が必要になることもあるでしょう。ママ友との付き合いでは、ランチなどの出費が家計に影響してしまうこともありますよね。

 

ある程度の余裕がある場合であれば問題ないですが、毎月ガチガチの家計費で生活している場合には、たび重なる予想外の出費は相当に痛いものです。家計の管理は主婦の役目とされている中、不足している生活費を旦那に内緒でこっそり借りたいと思う場面もあるでしょう。

 

住宅ローンや教育ローンなどの返済資金を工面したい

予定していたボーナスが減額されたなどで、時には住宅ローンや教育ローンなどの返済資金を用意できない場合もあるでしょう。不足しているローンの返済資金を一時的に借りて、毎月リボ払いで返済していくことも可能です。

 

ローンの返済資金であれば、旦那さんに内緒にする必要はあまりないかも知れません。主婦の方ではなく旦那さん自身がどこかでお金を借りる場合もあるでしょう。ただし、責任感の強い主婦であればあるほど、お金が不足していることを旦那さんに話せないものかも知れません。

 

旦那に内緒でローンの返済資金を借りて、その後は少しずつ返済していこうと考える主婦の方もいることでしょう。

 

子どもの教育費にお金がかかる

子どもの教育費にはとにかくお金がかかるものですよね。世の親は子供の将来のためであれば、教育費として惜しむことなくお金をかけるものです。子どもの塾や学用品などで急にまとまったお金が必要になった時に、旦那さんに相談する時間がない場合もあるでしょう。

 

時間がない場合には、自分だけの判断で今すぐ教育資金を捻出するしかありません。場合によっては、キャッシングに頼るしかないこともあるでしょう。大手のキャッシングであれば、即日融資も可能なため今日中の支払いにも安心です。

 

株やギャンブルにはまり生活費を使いこんだ

今は主婦もインターネットを利用して株やFXなどで投資をする時代です。自宅にいながらでも簡単で便利に投資ができるため、いつの間にかネットでの株取引きにはまってしまう主婦も多いと言われています。

 

投資により損失を出してしまった場合には貯金を切り崩す場合もあり、中には借金してまで投資にのめりこんでしまう人もいるようです。ただし、投資のためにキャッシングすることは決しておすすめできません。

 

投資は一種のギャンブルとも言えますが、正真正銘のギャンブルとしてパチンコや競馬・競輪などにはまってしまう主婦もいます。ギャンブル資金を借金で捻出しようとすると借金がたちまち膨らむ結果にもなるため、投資同様に借入れしてまで資金を捻出することはやめた方がいいですよ。

 

ショッピングや美容の費用を捻出したい

主婦でも欲しいブランドのバッグがある、美容のためにエステに行きたいということもあるでしょう。旦那さんの給料や、少ない自分のパート・バイト代から代金の捻出が難しい場合、時にはキャッシングに頼りたいこともあると思います。

 

生活費とは違い、贅沢なお金の使い方となるため旦那さんに話せないことも多いでしょう。独身時代には稼いだお金を全て自分のために使っていたという方だと、主婦になったからといって欲しいものや、やりたいことを我慢するのは難しいかも知れません。

 

高額な買い物でお金を借りるなら総量規制のことも知っておく

ただし高額な買い物やエステ費用により、多くの資金の借入れが必要になる場合にも、パートの場合にはそれほど大きな金額を借りることは難しいです。

 

特に消費者金融からのキャッシングには年収の3分の1以内を借入総額の上限とする総量規制という法律があり、例えばパートの年収が90万円である場合には、30万円までしか借入れできないことになります。(参考:マネナビ「【総量規制の計算方法】年収の3分の1から計算する借入限度額は?」

 

銀行からのキャッシングであれば総量規制の対象外となりますし、高額の借入れが希望であれば総量規制のことも知っておく必要があるでしょう。

 

ホスト遊びにお金がかかる

主婦にとってホストはあまり縁がないように思うかも知れませんが、実際には主婦がホストにのめり込んでしまうケースは珍しくないようです。ネットを検索すると、例えば、「ママスタジアム「 やばいホスト辞められない」」のような掲示板もあります。今は主婦でもホストクラブに通い、子育てのストレス発散や旦那さんに期待できないことをお金を払ってでも実現してもらう時代になっているのでしょう。

 

ホストに貢ぐお金欲しさに金融機関から借入れする主婦も決して少なくないようです。お気に入りのホストのために大金を使う必要があり、その資金の捻出にいくつもの消費者金融から限度額いっぱいまでお金を借りる人もいます。

 

ただし、いくら自分が稼いだお金であっても、借入れの目的がホスト遊びの資金であることが旦那さんにバレた場合には、家計だけでなく夫婦関係も破綻してしまう恐れがあるのです。大事な家庭を守りたいのであれば、借金してまでホスト通いすることは控えるべきでしょうね。

 

 

【体験談】子供の教育費が必要になった

 

最近、子供の教育費はかなり必要になり、私もパートしていますが、それでも足りない感じになる時があります。

 

夏休み前には夏期講習の申込もあるので、毎月の塾代とあわせてその費用が一括で銀行から塾費用が落ちますし、かなりの金額がゴッソリっと落ちます。
夫の給料も減額になり、私もパート勤務していますが、ナカナカそれでも不足することが多く、困っていますね。やはり最近は子供の学費でお金が不足することが多いです。

 

一時的にお金借りたいと思った場合、キャッシングを利用するようにしています。
小額から利用できますし、パート主婦でも安定した収入があるとキャッシングの申込ができ、審査に通ったので、利用することにしました。

 

小額ですので金利も高くないですし、計画的に利用するので、一時的なピンチを逃れることができ、本当、助かっています。